ロータスグリルが炭火の着火作業が簡単な訳

 

 

 

ロータスグリルが炭火の着火作業が簡単な訳

 

ロータスグリルが着火作業を楽にさせるカラクリは
下部に取り付けられた送風ファンにあります。

 

この送風ファンが団扇であおぐよりも効率的に炭を
燃焼させて素早く着火、手を煩わせません。

 

 

 

 

また、この送風ファンには他にもメリットがあって炭の火力、
温度調節が可能であることと、ボディの冷却効果で側面や
底面が熱くならないのです。

 

火力調整はダイヤルで直感的に変えることが出来、
熱くなりすぎないボディはブルーシートの上で使用してもOKです。

 

電力は単3電池4本で行いますので、コンセントの必要はありません。

 

 

 

 

北欧生まれの『ロータスグリル』とは?

 

 

 

 

 

 

 

無煙で着火作業、洗浄作業簡単!ロータスグリル

 

【テレビ東京:「トレたま」で紹介され、 2012年国際バーベキューアワードで金賞!】

 

七輪、コンロのように煙が出ない【ロータスグリル】室内、部屋で炭火焼を堪能!

 

 

ロータスグリルは煙が出なく、面倒で時間のかかる着火作業がわずか3分ほどで出来、食材さえあればすぐにでもパーティーを始めることが出来ます。

 

ボディの底面、側面も内臓の送風ファンにより熱くなりにくい構造で卓上で使え、安全で便利です。後始末も簡単でパーツの分解が容易で洗い作業もしやすく、食器洗浄機もOK。

 

室内だけではなく、もちろん、アウトドアでも大活躍、通常カセットコンロでするような花見でも底面が熱くならないロータスグリルならブルーシートに置けるので、炭火で味がワンランクアップした料理に舌鼓。キャンプや山、海などでも手軽な炭火ツールとして活用できます。