後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

 

 

季節の旬の食材を七輪やバーベキューコンロなんかで炭火焼きすると
炭の風味と香ばしさで旨味が何倍にもなる炭火焼ですが、お手入れや
後片付けが結構、大変ですよね。

 

ロータスグリル
七輪は水に弱くNG、水洗いがまず出来ない上、炭を出す作業が大変。
汚れが取りきれないので個人的にはニオイや脂のベトベト感が気になります。
ロータスグリル
バーベキューコンロですと、ものによっては火床部分が外れなくて掃除が非常に困難なものも。
汚れるパーツも多くて後処理が面倒です。

 

 

北欧生まれの『ロータスグリル』とは?

 

 

 

 

 

ロータスグリルの簡単!洗浄方法

 

 

後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

 

では実際にバーベキューを始める前から説明します。

 

網をよけると中央の筒(コンテナーケース)に炭が入ってまして、すでに点火済みです。

 

最初はちょっとだけ煙が出ますが、あとは無煙です。

 

 

 

 

 

後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

次に網をセットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

 

 

食材を焼いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

 

網には焼き焦げた汚れとインナーボウルの中には脂が落ちます。

 

では、網をはずしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

まず、網は金タワシなどでこびり付いた燃えカスなどをこすり落としましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

使用後の中心の筒(コンテナーケース)のカバーを空けた様子。
火種が無いことを確認して炭の焼け残りを捨てます。

 

見ての通り、中心部のコンテナケースには脂汚れが無く、洗浄作業も簡単。
インナーボールにも焦げ付きなどは一切無く、洗剤とスポンジで食器と一緒に洗うだけです。
なお、インナーボウル、コンテナーケース、グリル網は食器洗浄機OK。

 

 

 

後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

外側のアウターボウルはほとんど汚れていませんね。

 

濡らした布巾で軽く拭くだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後片付け簡単!炭火焼コンロ「ロータスグリル」

 

分解が簡単で洗いやすくなるので隅々までキレイになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

洗い終わったらこんなにキレイに!実際に汚れるのは

  • 網 (焼き焦げ付くのは網の宿命)
  • インナーボウル (脂汚れぐらいなので洗剤使用で簡単に落ちます。)
  • コンテナカバー ほぼ煤しか付かないので水と洗剤で簡単に汚れが落とせます)
  • コンテナー (炭が直接入っていた筒。脂汚れがほとんどなく、簡単に落とせます)
  • アウトボウル (非常に汚れにくい為、使用状況によっては拭かなくても良いレベル)

 

結果、従来の七輪やコンロに比べ、非常に後始末が簡単です。

 

 

 

無煙炭火バーベキューグリルはコチラ

 

 

 

 

 

無煙で着火作業、洗浄作業簡単!ロータスグリル

 

【テレビ東京:「トレたま」で紹介され、 2012年国際バーベキューアワードで金賞!】

 

七輪、コンロのように煙が出ない【ロータスグリル】室内、部屋で炭火焼を堪能!

ロータスグリルは煙が出なく、面倒で時間のかかる着火作業がわずか3分ほどで出来、食材さえあればすぐにでもパーティーを始めることが出来ます。

 

ボディの底面、側面も内臓の送風ファンにより熱くなりにくい構造で卓上で使え、安全で便利です。後始末も簡単でパーツの分解が容易で洗い作業もしやすく、食器洗浄機もOK。

 

室内だけではなく、もちろん、アウトドアでも大活躍、通常カセットコンロでするような花見でも底面が熱くならないロータスグリルならブルーシートに置けるので、炭火で味がワンランクアップした料理に舌鼓。キャンプや山、海などでも手軽な炭火ツールとして活用できます。

 

 

≫無煙炭火バーベキューグリルはコチラ!≪